お金貸します掲示板の存在、個人でお金貸してくれるところは。。。危ないお金貸します掲示板の前にお金を借りる最終手段で!

お金貸します掲示板【お金貸して下さい!】お金を借りる最終手段

okanekarurubbs_468.jpg

お金貸します掲示板

  1. 個人間融資は勧められないけれど
  2. お金貸します掲示板で注意したいこと
  3. お金貸しますと言いたい人へ
  4. 携帯電話の話は危ない
  5. 口座番号の取扱は注意
 

個人間融資は勧められないけれど

5720757.jpg“お金貸します”掲示板は個人間融資とも言われていますが、ラインやフェイスブックにも登場するSNSです。実際にお金のやり取りがあるようですが、統一された決まりなどはありません。個人が個人にお金を貸すシステムですから、消費者金融のような正規業者ではありません。

反対に、闇金業者が暗躍していると言われています。お金貸します掲示板についての口コミも多いですから、◯◯は闇金業者ですという情報は確かなものが多いです。詳細コメントなどを参考にしてみてください。

サイトを運営しているところでは、一切の責任を持つことはありません。個人間ということで、当然トラブルも多いようですが、あくまでも自己責任で貸し借りを考えることが必要です。

大手消費者金融の名前を語っていたり、広告も丁寧に掲載しているところもありますが、決して大手消費者金融ではありませんから、注意が必要です。金融機関はこのようなサイト利用は原則禁止されています。ですから、闇金業者、悪徳業者が好き放題営業しているようですから、何も知らずに利用してしまうと、後でとんでもないトラブルに遭うことになります。

相手は絶対に個人だと限定することが難しいのですが、実際には会ってお金を貸してくれるのではなく、振込専用になることがあります。一度も顔もみなくて、電話で会話することなく、お金貸しますと言うのはそれはそれで大胆なことですが、中には良心的な方もいます。言われるままの利息をつけて返済することが礼儀です。

ここで問題になるのが個人情報です。大手消費者金融では個人情報の取扱については慎重に行っていますが、個人間融資ではルールはありません。自分の個人情報の流出の可能性もゼロではないのですが、危機管理の点から言っても、個人間融資はかなり危険な香りのする取引です。

とはいっても、個人間融資を利用する方は、正規消費者金融等の借り入れができない方がほとんどで、多少のリスクはわかっていても個人間融資を利用しなければならない方が多いです。

自分なりに安全だと思われるところに申込をして、後のことはどうなっても自己責任と思える方は、利用を考えてみてください。ここは安心というところがありませんから、全ては勘次第です。お金貸します掲示板を勘を使うというのも、あまりオススメできないことですが、止められない方も多いようです。
 
▲メニューに戻る
 

お金貸します掲示板で注意したいこと

6932633_2.jpg個人間融資サイトの使い方は簡単です。借りたい人も貸したい人もその旨を書き込みだけです。ハンドルネームの部分から、直接メールを出せるようになっています。

融資条件などは、直に話すのですが、書き込みでは10万円程度お金貸します、借りたいだけで利息などは交渉次第です。融資可能額の提示から、自分がこの人から借りたいと思えば連絡をつければ良いのです。

借りたい人が書き込みをした場合、すぐに貸したい人からのメッセージが届くようです。その場合は、その中からの選択になります。この時に、相手がどんなメッセージなのか、どんな人なのかはわかりません。もちろん全てスルーしてしまって、自分から貸したい人を探すのもOKです。

個人間融資と言っても、業者が多数含まれています。そして、業者のほとんどが闇金業者か悪徳業者であり、その正体を見破ることは難しいと言われています。ただし、口コミでは◯◯という人は闇金業者ですという情報も多いですし、個人間融資◯◯は全て闇金業者ですという口コミもあります。

確かなサイトからの申込をしなければ、借りたは良いけれど、個人ではなく闇金業者であったという場合はシャレにならないのです。ですから、個人間融資サイトの選択から慎重になることが必要です。書き込みだけの簡単な掲示板ですから、その手軽さゆえに気をつけなくてはならないことは多いです。

連絡先は必ず携帯電話で、メールアドレスもフリーメールを使用することがおすすめです。日常的に使っているものでの申込は個人情報流出の恐れがあり、本名も避けたいところですが、振込になるとそうは行かないです。本名だけはどうしても明かさないとダメなことはありますが、どこかで会ってお金の受け渡しができるのであれば、本名はバレないです。

人が多い喫茶店やホテルのロビーなどが良いですが、女性の場合は身の危険もあることです。男の友人とともに行くのが案外効果的です。それもガタイがいい男性を引き連れて行くと、相手も多少怯むことがあります。しかし、個人間融資の場に友達をつれて行くのはなかなかできないことかもしれません。

女性の場合、本名がバレる覚悟も多少は必要かもしれませんが、危機管理は怠ることがないようにしましょう。一応、個人情報の悪用はしない人を選択することが大切ですが、最低限の情報だけのやり取りで終わる方ですと信用ができるかもしれません。
 
▲メニューに戻る
 

お金貸しますと言いたい人へ

668094_5.jpgお金貸します掲示板の個人間融資サイトでは、カードローンや大手消費者金融で借り入れができない方が多いです。どこからもお金を借りることができないから、ここに来たという方がほとんどです。

貸す側に闇金業者が多いのは口コミでも言われていることですが、借りる側も悪もいます。要するにも貸したけれど返済してくれない悪徳な奴です。こうした詐欺行為も言われています。

貸し借りの交渉の場では、融資条件の一つに利息があります。一応利息制限法で、最高20%とされていますが、守っている方は少なく、案外多額の利息を請求することが多いです。それでもかりる側にしてみれば、承知するのです。振込なら、口座番号をお互い交換して、入金になりますが、相手のことを正しく知らなければ簡単に貸せないと思うことでしょう。

大手消費者金融など正規消費者金融では、住所と名前、勤務先、年収なども聞くところですが、個人間融資でも聞いた方が良いです。中には実家の連絡先も聞く方もいますが、そこまでしないと信頼関係がないというのが理由です。返済してくれない時の手段です。

そこまで聞いて、相手にお金を貸して、約束の返済日になっても返済しない。そんな奴もいます。名前だけは、口座番号の関係から本名のようですが、住所も勤務先も嘘。そして、実家も嘘。うまく詐欺にやられてしまう場合がありますから、貸す側の危機管理も必要です。

どうしても闇金業者がお金を貸すというイメージの個人間融資ですが、闇金業者が借りにくる、最初から詐欺目的で借りたいと言ってくる方もいます。お金貸しますと余裕のある方は、本当に貸しても良い相手なのかの見極めが必要です。そのため、大手消費者金融並の在籍確認(職場に電話をする)、実家の所在などを確認しても夜行く、それができないと貸しませんというスタンスも必要です。

お金貸します掲示板を一つの投資先と考えている方は、このような確認をした上で、30%程度の利息で金貸しをしている方もいます。一見悪徳のようですが、至って健全であり、借りた方としても、審査などがなくその場しのぎのお金の調達として役立ってるようですが、詐欺野郎とどこにでもいるようです。

貸す側としても、常套手段をいろいろと使って、本当に困っている方に貸すことができるよう気をつけなければならないようです。こんな神みたい人、個人間融資には本当に居るのでしょうか?

▲メニューに戻る
 

携帯電話の話は危ない

5743532_2.jpg個人間融資サイトが犯罪の入口になっていることがあります。その手口は巧妙ですが、キーワードは携帯電話です。お金貸します掲示板で見つけた方に話をすると、実はあなたのブラックリストを消すことができますと持ちかけてきます。

本来は、少しだけお金を借りたいだけですが、ブラックリストにしてみればその情報がなくなるのなら、そんなに良いことはありません。どうやって消せるのか?というと、それがスラスラと説明してくれます。

「あなたは大手消費者金融からの借り入れで返済が不可能になって、金融機関から借り入れができないブラックリストになったのですよね。では、クレジットカードは安心なのです。ここで、クレジットカードを使って、完済した実績を作ると、なんとブラックリストから外れるのです。ですから、その方法をお教えしますから、さっそくやってみてください。希望金額はそのままお貸しできますから、ご安心ください。」

大体このような言葉で、携帯電話をクレジットで購入するように言われています。

たいてい、携帯電話は申込をして時点で、一括ではなく分割にする方がほとんどです。この時、指定の機種があり、もちろん新品です。その携帯電話の契約をして、機械を指定の送付先に送ると、送金され、自分は携帯電話の支払いをするだけです。そうすると、お金が借りることができ、ブラックリストも返上です。素晴らしい、個人間融資でこんなこともできるのだと希望にあふれて、携帯電話の契約に行く方もいます。

しかし、全て真っ赤な嘘です。第一ブラックリストを消すことはできませんし、クレジットカードの利用が損な事に使えるわけがない。携帯電話の契約をして、その機種を入手するだけの詐欺行為です。携帯電話を送付した途端、入金もなし、連絡先の通じないのです。

あーあ騙されたでは済まないのです。携帯電話会社のクレジットの借金が新たに発生します。それを返済しなくてはならないのですが、こういう理由で詐欺に遭いましたと警察に言っても、被害届は受理されないのです。それは、使用目的がない携帯電話の購入は詐欺だからです。騙されたとは言っても、詐欺の片棒を担いだことになり、何がなんでも携帯電話のお金は支払う義務になり、詐欺も行った“前科”が付く羽目に。

たまたまお金貸しますの掲示板で、自分が犯罪者になってしまう、それも借金付きでという結果になってしまうのです。もし、個人間融資で、携帯電話の購入に誘いがあったとしたら、それはきっぱりと断ってください。完全な詐欺に付き合わされることになり、お金も絶対に貸してくれない方です。

▲メニューに戻る
 

口座番号の取扱は注意

12402644.jpg個人間融資サイトで怖いのが、口座番号を知られることです。送金をしてもらうためには必ず口座番号を教えます。それを、不正に使用されてしまうことで、今後の日常生活に支障が出ることがあります。

Aさんは、大手消費者金融など正規金融機関でお金が借りることができないブラックリストです。カードローンも審査の甘い中小消費者金融もダメでした。滞納状態が続いた時に個人間融資の口コミをみて、あるお金貸します掲示板を見つけ、申込をしました。

とても親切な方で、すぐに希望の5万円を入金してくれました。利息は25%で、毎月1万円の返済です。こんなに優しい人もいるのだと思っていたら、後1ヶ月で完済と言うとき、ある銀行からの送金だと手数料が無料になるから、作って欲しい、今度はそこから返済してほしいと言ってきました。

さっそく口座を作ってしばらく経つと、なんと警官が来て、事情聴取をされる羽目に。自分が作った口座から不正送金があり、犯罪に使われたということです。その銀行の立入禁止になるばかりではなく、自分の名前で不正送金がされたことで、金融機関からのチェックが入りました。おまけにブラックリストである自分にとって、全ての金融機関からの総スカンになってしまったのです。

大手消費者金融の審査が通らなかったときに、債務整理をしたら良かったのですが、それもしないで個人間融資に手を出した結果です。この方は、すぐに弁護士に依頼をして、債務整理となんとか無実であることを相談しました。当然弁護士は動いてくれたのですが、報酬がとても高く、債務整理の方は難なく片付いたのですが、無実の報酬は、支払いが永遠に続くことになりました。

しかし、これで良かったのです。個人間融資は良い教訓として、人生の出費としては大きいかもしれませんが、二度と正規金融機関以外との関わり合いはしないことを感じたようです。軽い気持で利用できる個人間融資ですが、こうしたトラブルがとても多くなっています。僕はそんなことをしない真面目な人ですとあったとしても、闇金業者であったり、犯罪に加担してしまうことがあります。

携帯電話を買わないかい?問う誘いも犯罪になりますから、これも危険です。そして、“普通の”闇金業者も暗躍しているようですから、お金貸します掲示板の使用については、危機管理と自己責任上、慎重になることが必須です。

▲メニューに戻る
okanekarurubbs_468.jpg