お金貸します掲示板の存在、個人でお金貸してくれるところは。。。危ないお金貸します掲示板の前にお金を借りる最終手段で!

お金貸します掲示板【お金貸して下さい!】お金を借りる最終手段

okanekarurubbs_468.jpg

お金貸します メール

  1. お金貸しますメールを受け取った
  2. お金貸しますではなく、あなたに100億円あげます?
  3. お金貸しますメール撃退法
  4. どうしてアドレスがバレる?
  5. お金貸しますメールDMは一切無視
 
okanekarurubbs_468.jpg
 

お金貸しますメールを受け取った

消費者金融や銀行カードローンでは審査があり、信用情報で金融事故があると借りられない場合があります。
大手消費者金融でダメなら、中小消費者金融に行くこともありますが、金融業者としては返済ができるのなら貸してくれることがあります。審査通過は、審査基準までの収入や信用情報がポイントになります。
 

突然もらったお金貸しますメール

中小消費者金融での審査落ちになると、簡単に借りられるところを探していると、良い宣伝文句のバナーなどがあります。闇金なのかな?と思いつつも怖いもの見たさにクリックしてしまうと、その後爆メールが来ます。
お金貸しますメールですが、ほぼ毎日1000通程度連続してやってきます。
 
okanekarurubbs_468.jpg
 

クリックだけしかしていない

クリックだけで申し込みをしているわけではないのですが、とにかく毎日お金貸しますだの、連絡下さいとの内容でのメールが来ます。スパムメールですが、とにかく邪魔です。

すべて無視をすることですが、しばらくは続きます。我慢していると、1ヶ月程度でゼロになります。
自分が借りられないので、闇金だろうという部分のクリックをすると、お金貸しますメールが絶対に来ます。
 

正規の中小消費者金融だったけれど

まれに、中小消費者金融のクリックだけをしただけで、スパムメールがやってきます。
闇金に個人情報の流出疑惑もありますが、多分そのとおりです。

中小消費者金融に関しては、一部が闇金できないか?という口コミがある所も否定できないでしょう。実際に申し込みをすると、利息制限法範囲内でのキャッシングができますが、闇金の情報を流出しているのは確かです。
 

スパムメールはクリックしない

スパムメールは、中小消費者金融にクリックしただけでも来ます。
それは中小消費者金融の営業ではないはずですから、相手にしないことです。
自分が申し込みをしてしまう闇金ではなく、営業でくるメールも闇金です。

正規金融業者でも借りませんか?との勧誘があると言います。
これは一度契約して完済してしまったあとの話であり、メールではこなくて電話がくるだけです。
そろそろ借りませんか?という正規の中小消費者金融ではたまに営業がありますが、取引後の後です。
ですから、単に一度クリックしただけのお金貸しますメールは、内容がわからない闇金です。

中小消費者金融からのお金貸しますメールは基本的にないとは思うのですが、勧誘電話も怪しいと思ってしまうこともあります。お金を借りる時には、受動的ではなく、能動的な行動が必要だということです。当然のことですが、中小消費者金融で借りられない場合は、こうしたメールにも対応してしまいそうな時もあります。
 
▲メニューに戻る
 
okanekarurubbs_468.jpg
 

お金貸しますではなく、あなたに100億円あげます?

お金貸しますメールのほとんどが詐欺です。
毎日スパムメールがたくさん来ている方も多いですが、その内容を進んでいくととんでもないことになります。
 

あなたに100億円あげます

◯◯支援協会の◯◯と言います。この度、あなたに救済策として100億円支援できるようになりました。
手続きをするために、このURLをクリックして下さい。このような内容のメールが連日来ます。

そんな人は知らないのですが、金融業者を検索していて、あちこちクリックをしていると、あなたのクッキーから、勝手にお金貸しますメールが来ます。

でも、安心して下さい。クリックさえしなければ、その先はありません。
100億円というのはオーバーですが、10万円あげますとのメールでクリックしたい気持ちになります。
100億円はない話ですが。
 
okanekarurubbs_468.jpg
 

100億円は詐欺行為だった

お金貸しますメールが来た時には、必ず検索をしてみて下さい。
自分の所に来たメールと同じ内容のものが続々ヒットします。
そして、これは詐欺なので、悪徳業者なので絶対クリックはしないように忠告しています。

たいてい、この類のメールでは、ほぼスパムメールです。
アドレスが単なるアルファベットの羅列です。
そのまま何もしない状態でおいておく、これが必要です。
 

もしクリックしてしまったら?

すぐにメールが来て、100億円を受け取る貯めにあなたの口座番号を教えて下さいと来ます。
詳細な説明をしたいので、電話番号も教えて下さいと。

当然、住所や個人情報も聞きたがるのですが、この100億円を受け取るためには保証金がいると言い出します。
それが、本来の目的であり、数万円から数十万円の保証金や手数料を請求されます。
100億円受け取れるのですから、当然のことでしょう?という展開です。
 
okanekarurubbs_468.jpg
 

要するに保証金詐欺

このケースのお金貸しますメールも貸しますではなく、あげますです。そして、貰おうとクリックをすると保証金が必要であり、その前に個人情報を聞き出して、保証金を振込しないと、スパムメールが続きます。

フィッシング詐欺の要領ですが、個人情報を伝えないと、メールアドレスしか知らない状態です。
放っておけば良い話ですが、間違っても連絡はしないことです。
もし、アドレスをクリックしただけでも食いついたとしつこいメールが来ます。
 

私は◯◯から100億円受け取った

同時に、このようなメールもきます。
とても助かりましたという内容であり、あなたもすぐに受け取ってみて下さいとの口コミメールです。
いかにも普通っぽい内容であり、読んでしまうと本当に受け取れる気になってしまうようです。
完全な誘導ですが、ブラックリストでどこからも借り入れができない時は危ないでしょう。

あなたに100億円も10万円もくれるはずがありません。
目的としては、アクション後の保証金であり、それが数千円の場合もあります。
それでも少しでもお金を巻き上げることが、この手のお金貸しますメールの手段です。
怪しいメールは内容検索をしてみて下さい。

たくさんの方に同様のメールがいっていることは確かです。
2019年の春のこの手のメールでは、「あなたに100億円あげます。伊藤」のようです。
このスパムメールを受け取ったとしたら、全てゴミ箱です。
 
▲メニューに戻る
 
okanekarurubbs_468.jpg
 

お金貸しますメール撃退法

どうして自分のメールアドレスが、インターネット上で流出してしまったのか?
これはお金貸しますメールが頻繁に来るようになって感じる方が多いです。
 

消費者金融のことを調べましたか?

お金を借りようとして、消費者金融や銀行カードローンのことで検索していくと、大手消費者金融だけではなく様々な金融業者がヒットします。これが、常に大手消費者金融や個人情報保護をされているサイトに行っていれば、アドレスは守られます。

しかし、検索の時に保護されていないサイトに行くと、あなたのアドレスが知られることになります。大手消費者金融や銀行カードローン、その他情報サイトでもこの保護でできているとこは多いですが、保護なしで野放しにしている状態では、アドレスは勝手に流出してしまうことになります。
 
okanekarurubbs_468.jpg
 

ブラックリストでも借りれる消費者金融

中小消費者金融や街金でも保護しているサイトは多いですが、情報サイトではその限りではありません。
またブラックリストでは、あちこちにここからすぐに借りれるというバナーが貼っているサイトも多いです。

闇金のことを調べようと、闇金サイトにヒットしてしまうことも。
そんなことであちこちのサイト検索をしてクリックだけしてしまった時点で、アドレスが知られています。

ブラックリストで、借金先を探している。
それならこちらからお金貸しますメールを送りましょうということで、勝手にあなたのアドレスにメールがくるということです。単に調べただけで、送られてくるスパムメールですので、おかしな所に知られたと思うことはありません。
 

お金貸しますメールが嫌なら

それでもブラックリストで、借入先を見つけたいのなら、フリーメールのアドレスを1つ作って下さい。
それをキャッシング検索専用にしてしまうことです。

普段のアドレスでは検索をしないで、フリーメールだけで検索をする。
そこに送られるお金貸しますメールやお金あげますメールはすべて破棄してしまえば良い話です。

検索の部分で、アドレスの前に鍵のマークがないサイトでは、アドレスが流出されています。ですから、そのようなサイトにはいかない、行くとしてもフリーメールで行くことで、スパムメールをみないで済みます。
 

お金貸しますメールはすべて闇金

正規の金融業者では、個人に対してこのようなメールは絶対に送信しません。
すべて闇金、詐欺業者です。そして、メールアドレス以上の情報は流出していないはずですから、一切相手にしないことです。フリーメールであるのなら、そのまま放っておけば、相手も諦めることになります。

どこかで取られた私のアドレスではなく、普段の行動で見落としがちな注意点の一つです。
普段のメールアドレスでこの検索をしてしまうと、ほぼ毎日色々なスパムメールで悩まされることになります。
 
▲メニューに戻る
 
okanekarurubbs_468.jpg
 

どうしてアドレスがバレる?

お金貸しますメールはDMですが、目的の多くはお金を借りるために保証料が必要という詐欺です。
あなたにお金を貸しますけれど、事前に保証金が必要です。その振込があれば、希望の金額の貸付ができます。
すべてウソです。
 

相手が闇金

保証金云々などは詐欺の手口であり、その前に振込先の口座番号や個人情報も聞いてきます。
教えたくないと言えば、そこで終わるのですが、相手がどの程度こちらの情報を知っているかが気になります。

その可能性としては、それまでの自身の行動にあります。
過去に闇金などから借り入れをしていた方は、確実にその時の情報すべてを知られています。
住所や氏名なども知っていて、その個人情報が流出してしまった可能性があります。
お金貸しますメールだけではなく、電話もかかってきたのなら、100%情報源はそこです。
 
okanekarurubbs_468.jpg
 

中小消費者金融を探していた

闇金にはいかないけれど、中小消費者金融の利用者も同様です。
正規の中小消費者金融でも、個人情報を流出しているのではないか?との口コミがあります。
というのも、中小消費者金融審査落ち後にすぐに闇金からのお金貸しますメールを受け取るケースが多いです。
タイミングとしては、その中小消費者金融が情報源となるでしょう。

中小消費者金融では、うちでは貸せないけれど、良い金融業者を紹介するという紹介屋の手口もあります。
金融業者での紹介はすべて闇金になります。ストレートに言うのではなく、裏であなたの個人情報を流していることで、お金貸しますメールがくるということです。
 

金融業者のサイトをみただけ

中小消費者金融や闇金業者のサイト閲覧だったり、ブラックリストでも借りれるという情報サイトでも、クッキーが有効であれ、個人情報保護ができていないサイトが結構あります。

また、個人間融資のサイトなどでも閲覧しているだけでも、「親切に」お金貸しますメールをよこしてきます。
先回りでメールで貸すというのだから、いいんじゃない?というのは甘いです。すべて闇金と詐欺です。
 

カードローンからの中小消費者金融

大手消費者金融、銀行カードローンの借り入れができないと、ブラック対応の中小消費者金融の検索をしていくことが多いです。そこでは、闇金も混じっているので、情報サイトも確認します。

たまに、闇金がどんなものなのかをサイト閲覧などをしてしまう場合、そうした行動がどこかでアドレス取得という罠にハマっている可能性がとても高いです。

ですから、フリーメールで検索をしたり、スパムメールの数々は相手にしないことです。
お金貸しますメールがきたとしたも、全て無視をしたのなら、被害に遭うことはありません。
過去の闇金業者からのコンタクトだとしてもすべて知らん顔していれば、相手も諦めることが多いです。
 
▲メニューに戻る
 
okanekarurubbs_468.jpg
 

お金貸しますメールDMは一切無視

ブラックリストになってしまい、消費者金融などの金融業者で審査落ちしてしまう場合、非常に焦ってしまいます。そんな時に、DMでお金貸しますメールやお金あげますメールなどを受け取った場合、借りようかな?と心が動く方もいることでしょう。彼らが闇金業者、詐欺業者であることを知らない方たちです。
 

お金貸しますは闇金の手法

それまであなたのメールアドレスが流出してしまったり、DMを送ってくる人たちの間では、わけもなくアドレス取得をしてしまいます。

個人情報の一歩として、個人が持つアドレスは勧誘としては、簡単に行う事ができます。
一方的に送りつけるだけですから、100%引っかからないことも知っています。

それでも、お金がなくて困っている人の気持ちを逆なでするDM。
ブラックリストであるのなら、借りたいかな?と迷ってしまうのも仕方のないことでしょう。闇金としては、貸しますといいながら保証金請求をしたり、高い金利で無理やり貸し付ける方法でつけこんできます。
 
okanekarurubbs_468.jpg
 

あなたを助けます

アドレスの取得をされてしまう。闇金業者などが取得していると、お金に困っていると思われて、お金貸しますメールがくることがあります。闇金のバナークリックだけでもわかってしまうことがありますが、貸しますではなく、助けますの言葉は身にしみます。

しかし、それは言葉のあやであり、助けられることはありません。
ただ荒んだブラックリストにとっては、少額ならなんとか貸しもらおうという方もいますが、とんでもないことです。ブラックリストが助かるのは債務整理だけではあり、変なメールには対応しないことです。
 

知られているのはメールアドレスだけ

お金貸しますメールなどを受け取ると動揺してしまう方も多いですが、安心して下さい。
アドレスだけを知っているので、何もしなければ被害はありません。
すべてゴミ箱に捨ててしまうことです。電話がきたとしても無視です。

名前が知られていた場合は、心配なら弁護士などに相談をしてみて下さい。
たいていアドレスだけで、名前も知らないDMが多く、それらは無視しましょう。
 

過去に闇金利用者は注意

闇金だったり、個人間融資の利用していた方は、彼らが再び連絡をしていると言えます。
アドレスを変えるか、その時に使っていた口座を凍結しましょう。
お金貸しますメールで反応がないと、勝手に振込をしてきて返せと請求がきます。
押し貸しであり、これも面倒なことです。

闇金から仕方なく借りた、個人間融資で一悶着あった方は、その時の情報はすべて捨てましょう。
口座もアドレスも変えることで、過去の黒歴史を消すこと。
これがお金貸しますメールがこない方法の1つです。
 
▲メニューに戻る
 
okanekarurubbs_468.jpg
okanekarurubbs_468.jpg