お金貸します掲示板の存在、個人でお金貸してくれるところは。。。危ないお金貸します掲示板の前にお金を借りる最終手段で!

お金貸します掲示板【お金貸して下さい!】お金を借りる最終手段

okanekarurubbs_468.jpg

ライン お金貸して 個人間融資

  1. 個人と個人でお金を貸し借りする個人融資の魅力と注意点
  2. 見知らぬ個人からラインを通じてお金貸してもらえる個人間融資の存在
  3. 個人間融資をする際にお互いに決めておくべき物事とは?
  4. 信用情報や総量規制が無関係になる個人間融資の使い方
  5. 消費者金融や銀行カードローンやサラ金で断られたら個人間融資も候補
 
okanekarurubbs_468.jpg
 

個人と個人でお金を貸し借りする個人融資の魅力と注意点

知り合いからお金を借りたことがある方は世の中に多数いるものです。親や兄弟などの家族や友人や同僚から借りることもあるはずです。

このような場合、たいていは口約束で貸し借りがおこなわれ、返済タイミングも曖昧だったりします。中には返済しないままうやむやにする人も多いです。結果としてお金の貸し借りによって関係に亀裂が入ることもあります。

だからこそお金貸してほしい場合でも、お金の貸し借りはしないほうがいいと教える人も多いものですが、このような曖昧な形ではなく、きちんとルールを決め、場合によっては契約書なども用意してお金を貸し借りしている人が世の中にはたくさんいます。

この場合、ただの貸し借りではなく個人間融資とも呼ばれる行為になってきます。この個人間融資を実践している人は意外と多くいて、中には知り合いではない他人に対してお金を貸す行為をしている人もいます。金融業者の個人版ということになりますが、今はSNSやラインなどネットを介して多くの人に出会うことができ、そのマッチングが可能な場も多いために、こうした個人間融資が多くおこなわれているのです。

そのため、お金を借りたいと考えたときに個人間融資でお金を貸してもいいと言ってくれる人を頼ってみてもいいのではないでしょうか。通常の業者からお金を借りようとすれば審査があり、その際には個人信用情報を閲覧されます。つまり、過去に債務整理などがあると借りられませんが、個人間融資にはそれがありませんので、この点を魅力として借りる人も多いです。

ただし、あくまでも個人と個人のやりとりになるため、何かトラブルが生じたときもそれはあくまでも自分自身で解決しないといけません。相手が貸してくれると言っても無条件に信用するのではなく、相手が貸し付けるにあたって何か条件があるのかなどを確認しましょう。

大切な個人情報を提供することとなり、その上でお金を貸してもらうこととなりますので、無暗に信用してしまうのはリスクもあります。そのため、魅力と同時に注意点も頭の中に入れておきたいものです。
 
▲メニューに戻る
 
okanekarurubbs_468.jpg
 

見知らぬ個人からラインを通じてお金貸してもらえる個人間融資の存在

お金を借りるときに頼れる先となるのが銀行や消費者金融です。しかし、このような金貸しを生業としている業者からは借りられない事情を抱えている方も多くいます。

たとえばこれまでに自己破産をしたことがあり、それから10年が経過していないような場合には信用情報機関にその事実が残っているために、新たな借入ができません。そのほかにも任意整理などの債務整理をしていても同様です。

さらに言えば、総量規制のルールがあり、年収の3分の1を超える金額は借りられない法律があるため、すでに多額のキャッシングやカードローンの利用がある場合やクレジットカードのキャッシング枠を多数持っているような場合には、新たな借入が法律的に不可能になってしまうのです。

そのため、このような方々がお金をどうしても借りたいと考えたときに覚えておきたいのが個人間融資の存在です。お金貸してくれる相手が世の中のどこかにいて、その人と個人同士でお金の貸し借りをおこなうのです。

今はネットやラインなど、様々な方法で赤の他人とも即座に待ち合わせができるような環境にあります。そのため、見知らぬ人が見知らぬ人に相手の希望額を貸す個人間融資は水面下で多数おこなわれているのです。

実際、ネット上の掲示板の中には個人間融資においてお金貸してもいいと考えている人とお金貸してほしいと考えている人が出会うことのできるようなスレッドやサイトも多数あります。このような場所に書き込んだり、すでに書き込んである内容に返信するなどして、そこから個人間での連絡をとってお金を直接手渡しで受け取ったり、振込によってお金を融資してくれることもあります。

さらに、学校に通っている学生でも問題なく貸してくれるケースもあります。このように自分自身がお金を借りたいときにかなりお手軽な形で融資をしてもらえるのが個人間融資の魅力でもあり、その点に着目して利用者も増えています。

ただし、あくまでも貸し手は個人なので、それぞれ貸し出すにあたっての条件は異なります。身分証明の提示が必須の人や会うことが必須の人など、それぞれの条件が存在していますので、借りる場合には自分がそれを呑めるのかどうかしっかり吟味した上で話を進めましょう。
 
▲メニューに戻る
 
okanekarurubbs_468.jpg
 

個人間融資をする際にお互いに決めておくべき物事とは?

今や個人同士でお金の貸し借りをおこなう個人間融資は増えています。業者ではないのでその正確なデータはありませんが、ネットに目を向けると個人間融資のための掲示板なども多数あり、実際にお金貸してほしいと打ち明ける人からのメッセージや、融資してもいいというメッセージがたくさん並んでいます。そのため、金策に走る中で、個人間融資という方法もひとつの選択肢に入れておきたいものです。

こうした掲示板に書き込み、相手が承諾してくれればお金を得ることができるわけで、審査内容や審査基準なども相手次第ですから、大手消費者金融会社や都市銀行の銀行系カードローンなどで借りられない人や、お金を借りていることを家族に徹底して隠したいなどという思いを持っている人が、使っておきたい融資方法ともいわれているのです。

しかしながら、キャッシング会社などから借りる場合と異なり、明確な借用書や契約書などが皆無の場合も多いのが個人間融資の特徴でもあります。これが最大の魅力だと考える人もいますが、だからこそきちんとお互いの間でルールを決めて確認しておかないと、あとになってお互いに悔やむようなこともあります。

基本的にはお金を貸す側が様々な条件を提示し、それが融資条件となってきますが、中には曖昧なままに貸し付けてあとから様々なルールを説明してくるというようなこともあります。このようなケースで借りてしまうと借りた側が戸惑うこととなりますので、特に利息に関する条件や返済期間などに関しても確認しておきましょう。

たとえば10万円を借りた場合、その返済を毎月1万円ずつしていくのか翌月に10万円をまとめて払うのかでは、返済時の負担が大きく違います。さらに言えば、最初の返済がいつからはじまるのかなども確認しておかないといけません。これらの要素を無視したままにお金の貸し借りばかりを進めてしまうと、あとになってトラブルになる可能性もあります。

また、あとからトラブルになったとしてもあくまでも個人間融資なので、自分たちで解決するのが基本となります。だからこそ最初に確認しておきましょう。今はラインなどで連絡を取り合って個人間融資をおこなうこともあるなど本当に手軽なものとなっていますが、そのために注意も必要なのです。
 
▲メニューに戻る
 
okanekarurubbs_468.jpg
 

信用情報や総量規制が無関係になる個人間融資の使い方

キャッシングやカードローンなどを消費者金融や銀行から借り受けたり、クレジットカードを使って信販会社からお金を借りたりした場合、その情報は信用情報として信用情報機関に登録されます。

問題なく返済をしていれば登録されても何も問題はありませんが、返済が遅れたり、債務整理をおこなうなどのマイナス情報がここに登録されると、それ以降は新たな借入が難しくなります。

消費者金融や銀行などはお互いにこの信用情報機関に情報を登録しているため、閲覧に関してもそれぞれが可能です。つまり、金融機関同士で情報を共有し合っていることになりますので、たとえ債務整理をした会社とは別の金融会社に申し込みをおこなったとしても、審査でこの情報を閲覧され、お金を借りることができなくなるのです。

そのため、お金貸してほしいと願っていても、それが叶わないことも多々あるわけですが、もしもキャッシング会社やカードローン業者などからお金が借りられないとしても、個人間融資ならば問題なくお金貸してもらえる可能性がありますので、こちらに可能性を見出してみましょう。

信用情報機関に登録されている情報以外にも総量規制の問題に引っかかってしまい、それによってお金が借りられないこともありますが、こちらに関しても個人間融資であれば何も問題がありませんので、頼ってみましょう。

もちろん、貸すか貸さないかは相手次第なので、その点は仕方ありませんが、個人間融資でお金貸してくれる人の中には無利息無担保でお金を貸してくれることもあります。さらに保証人などを求められず、運転免許証などの身分証明を出せば即座に振込してくれることもあるのです。そのため、今現在お金が必要で、その融資をどこかから受けたいと思っていても、融資してくれる業者がない場合やすでに審査で落ちている人などは、個人間融資に興味を持ってみてください。

ネット上には個人間融資のためのやりとりが可能な掲示板やサイトなども存在しますし、連絡をラインでおこなうこともできるケースが多いなど、とにかく手軽な融資が実現できますので、候補に入れておきたい融資方法のひとつと言えます。
 
▲メニューに戻る
 
okanekarurubbs_468.jpg
 

消費者金融や銀行カードローンやサラ金で断られたら個人間融資も候補

人は基本的に誰しも働き、働いたお金によって生活しています。これは大人であれば誰もが同様です。そして、収入の範囲内で生活を支えていくのがベストですが、思うように収入がなかったり、不安定であったり、さらには会社が倒産するなどして収入が途絶えてしまうなど、収入の中で生活を支えようと思ってもそれがうまくいかないこともあるのです。

このような場合、急場をしのぐためにお金を誰かから借りたいと考えるわけですが、世の中には賃金業者と呼ばれる消費者金融や銀行などの金融機関が多数存在しており、これらの会社のキャッシングやカードローンサービスに申し込みをおこない、審査に通ればお金を貸してもらうことが可能です。

しかしながら、すべての人に無条件で貸しているわけではなく、やはり返済能力を重要視されます。その点を熟慮するために審査をおこなうわけですから、結果として審査で落とされてしまうことは多々あります。

このような事態になればお金を借りることができないままの状態が継続することとなり、お金に困った自分が存在することに変わりありません。しかしながら、このような状況になったからといって必ずしも諦める必要はありません。

今はネットやラインを通じて他人とも出会える世の中ですが、だからこそ個人間融資というシステムもできあがっています。これはどこかの会社が作っている制度やヤミ金とは異なる内容で、あくまでも個人が個人を対象にお金を貸しているものです。ネット上の掲示板などに書き込み、メールなどでやりとりしてお金貸してくれる相手を探すという仕組みです。

この個人間融資では審査があるケースも多いですが、あくまでも自宅固定電話や携帯の電話番号確認やバイト先など職場の在籍確認などの本人確認をおこなうぐらいで信用情報機関などに登録された情報は無関係です。

そもそも個人ではこれらの情報を閲覧することはできませんので、無関係なのです。そのため、仮に銀行や消費者金融、さらにはサラ金や街金などでお金を借りられなかった人であっても個人間融資であればお金を借りることができるかもしれないのです。あくまでも最終的な判断はお金を貸す側が決めることですが、業者に断られた人であっても諦めずに申し込んでみる価値があります。
 
▲メニューに戻る
 
okanekarurubbs_468.jpg
okanekarurubbs_468.jpg